霧島の麓、都城の伝統ある焼酎蔵。芋どころで麦にこだわり挑み続ける。

焼酎を飲んでくれる地域の人々との繋がりを守るため、芋焼酎の盛んな宮崎県都城市であえて麦焼酎に取り組み造り続けてきた歴史ある蔵。今年から芋焼酎も復活させる。

柳田酒造は、宮崎県都城市で1902年に創業され、以降代々焼酎造りに取り組まれています。
都城市は、現在では売上で日本最大の大手焼酎メーカーの本社工場も立地しているなど、古くから芋焼酎が主流の土地で柳田酒造でも当初は芋焼酎が製造されていました。
大手メーカーに押され売上が下がり都城市の多くの酒造がその経営を諦めてきた中で、柳田酒造ではあえて麦焼酎一本に取り組むことで、新たな道を切り拓いてきた歴史があります。
現在も「駒」を主要銘柄として麦焼酎に一貫して取り組まれています。

蔵の伝統と、飲んでくれる人さらに都城の焼酎文化を守ることを大事に思い造られ続けた柳田酒造の麦焼酎は、今では地元でも高い評判を得ています。

都城市は霧島山系が作る盆地にあります。
この霧島の天然地下水は日本でも有数の酒造好適水と言われており、柳田酒造では、敷地内の井戸からこの地下水をくみ上げて仕込みに使っています。
造る焼酎は製造量は500〜600石ほどですが、すべて手造りで自然の水と原料を大切にした焼酎が造られます。

現杜氏、五代目の柳田正さんは自ら新たな焼酎「赤鹿毛」を作り上げ、また今年は蔵伝統の芋焼酎の復活も目指すなど、熱い思いで造りに取り組まれています。

柳田酒造合名会社

所在地:宮崎県都城市早鈴町14-4

主要銘柄:駒、赤鹿毛、青鹿毛