自然豊かな田野町。一から家族の手で造る「量より質」を体現する焼酎。

宮崎市街から車で30分、鰐塚山の裾野に田畑が広がる田野町で芋と麦の焼酎を家族で造る焼酎蔵。原料の芋から自家栽培をして、決して大量生産を行わないで質にこだわった焼酎が造られています。

1914年創業、2014年でちょうど100年を迎える渡邉酒造場は、まだ若い四代目杜氏である渡邉幸一朗さんを中心に家族4人で営まれる焼酎酒造です。
渡邊酒造場の焼酎は「旭萬年」、芋焼酎と麦焼酎のそれぞれがあり、製造量は決して多くありませんが、手造りで丁寧に製造されています。

蔵のある田野町は山に囲まれた、澄んだ空気と綺麗な水の自然豊かな土地です。
肥沃な土壌をもち農業や畜産業が盛んな町ですが、渡邊酒造場でも自社の畑で芋造りから取り組まれています。原料まで自家栽培でまかなっている焼酎蔵は全国的にも珍しいといえます。

地元に根ざしながらも全国にファンが広がってる渡邊酒造場の焼酎ですが、決して製造量は増やさず、手造りで自分で質をしっかり確認できるということを大切にされています。
渡邉さんの、職人として真摯に造りに取り組まれる姿勢が、渡邊酒造場の焼酎の質を高く保たせているのだと言えます。

有限会社渡邊酒造場

所在地:宮崎市田野町甲2032-1

主要銘柄:旭萬年